ご訪問ありがとうございます


★このブログの人気記事★

私は本当に愚か者です。 / 生キャベツの美味しい食べ方


先日の母の日、私は実家の母にバリスタをプレゼントしたのだけど、毎朝コーヒーを飲む母のこと、少し前のモデルと比べれば随分と使いやすくなったバリスタを母は喜んでくれるとばかり思っていたのに、それは単なる私の自己満足なだけであって、母にとっては無用の長物だったようです。

あれからもう3日も経っているというのに、バリスタは母の手によって一度も使われることもなく、同居している兄ですら、めんどくさいと言っていつものように片手鍋でお湯を沸かしてインスタントコーヒーを淹れていると言うのです。

バリスタを実家に持って行った母の日の当日

私は何度も何度も説明書を見ながら実際にコーヒーを淹れ、母や兄に飲ませて初めて兄に指摘されたことは、母がいつも飲むコーヒーは超アメリカンだということ。

バリスタで入れるコーヒーの濃さをマックスに薄く設定したところで、母にとってはまだ濃くて飲めないコーヒーだったようです。

私は日頃から兄をバカにしたようなことばかり言っていたけれど、私は母が普段飲むコーヒーが超アメリカンだったことも知らなかったのに、兄は一口飲んですぐに、「こんな濃いコーヒーは婆には飲めんぞ」と言ったのですょ

何やかんや言っても母と同居している兄は、私が知らないだけで母の身の回りの世話をしているのだと思ったら、銭金の問題ではなく絆の問題なのだと思いました。

母は私には兄のことをボロクソに言うけれど、たまたま夜遅くまで私が実家にいた時、母が寝る時間が近くなると、兄は母の寝床の布団を半分めくっている姿を見たことがありました。

手の力が弱くなっている母にとっては、軽いはずの羽毛布団の重さも体に堪えるので、母が寝床に入りやすいように布団をめくってあげていたのです。

母と別居していることをいいことに、何でも銭金で片づけるようなことしか考えていない私は本当に愚か者です。

バリスタがオブジェと化しても仕方のないことですが、さて、今から私が母にできることは何でしょう。

もう一度よく考えてみたいと思います。



生キャベツの美味しい食べ方

先日の飲み会で出た料理の中で美味しい生キャベツの料理がありました。

隣りに座った同僚の話では、クックパッドでも紹介されていると言っていたので、今日の夕ご飯の一品に加えてみたのですが、簡単にお店で食べた味と同じになりました。

本当に超簡単でどれだけでも生キャベツが食べられます。

今日の夕ご飯
[3233]-compressed
絹ごし豆腐の厚揚げ焼き
エビフライ
わらびの三杯酢
蒸しなすの甘酢漬け
小松菜のなめ茸和え
生キャベツの中華風
にごり酒

いただきモノのにごり酒は美味しすぎです。

私としたことが、生キャベツの中華風の写真を撮り忘れてしまいましたが、左上のピンクのガラス皿のがそれです。

《材料》
・キャベツ
・味塩コショウ
・ごま油

《作り方》
①キャベツをザクザクと切る。
②①に味塩コショウを適当に振り、ごま油を回しかけて和える。

以上

これだけなのに本当に美味しいですょ(^-^)

是非お試しあれ!


ポチッとしていただければ幸いです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

にほんブログ村テーマ
ココロの断捨離
丁寧な暮らし節約ライフ





関連記事


Comments 2

There are no comments yet.
-  

ミーさん

おはようございます。
今日はお休みで、のんびりとミーさんのブログにお邪魔しています。

ミーさんのお母様を思われる気持ちとてもすごいです。いつも見習わなくてはと思っています。

ちっちきちーこは、心と時間のゆとりがないのをいいことに、父の誕生日、母の日、父の日、母の誕生日ときりがないなと思ってしまい、何もしませんでした。それはそれで割り切れてなくて、罪悪感に苛まれております。
困りました。

ご飯、今回もとても美味しそうですね!
和食でツヤツヤ、テカテカしてると、たまりません!

ちっちきちーこ


2018/05/17 (Thu) 09:14 | EDIT | REPLY |   
ミー  
ちっちこちーこさんへ

コメントありがとうございます!

私も昔は、母には何もしてあげなかったのですけどね(^^;)

母が大きな病気をしてからでしょうか、普段はケンカばかりしているからでしょうか...

だけど、本当はモノではなくて他のことでしてあげた方がいいのかも知れませんが、なかなか母とは意見が合いませんのでね(-_-;)

2018/05/18 (Fri) 23:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply