素顔のままで


あれから9年、天国はいったいどこにあるんでしょう。

2
今日は父の命日9年前の今日、父は逝ってしまったのです。病院に入院中だった父は、それまでは意識も朦朧としていて、いつ逝ってもおかしくないぐらいの状態だったのに、その前日の夕方には、いつものように父の病室で長い時間を過ごして帰る私を見送るために 、しっかりと体を起こして「なんや、もう帰るんか、しゃあないなぁ…」と関西を離れて何年経っても抜け切らない関西弁で言ったので、私は、「また明日の朝来るわ」と言った...

心配するより合格点を / ビールの味の好み

2
私は普段、よほどのことがない限り一日に一度は実家に行くようにしているのだけど、その目的はというと、やはり高齢の母の生存確認生存確認といっても、一人暮らしをしているわけでもなく、何か変わったことがあれば連絡が来る状況下ではあって、今のところ、自分の身の廻りのことは何とか出来るけど、最近特に物忘れがひどくなった感じの母それでも、足腰は随分と弱っているし、母のことが心配な理由は山ほどあるのですょそんな母...

心配して損しました(-_-;)

4
休日の多い12月と1月つい先日3連休を満喫したはずなのに、もう明日は休み休みが多いのはありがたいこと体も休まるし、いろんなことができるけれど、雪が多いこの地方で大雪に見舞われでもしたら極力外出もしない私です。午後から出勤の今日、今朝降っていた雨も次第に雪に変わっていきました。 勤務中、何気に見た窓の外は猛吹雪になっていました。夜の帰り道を心配していたけれど、その頃にはすっかり雪も止んでいて、た...

今まで出来ていたことが出来なくなることの悲しさ

0
昨日のこと日曜朝市で買ってきた食料品を届けるために実家に立ち寄ると、今から思えば、私が実家の分の食料品の仕分けをしている間中、母は何か言いた気にしていた感じでモゾモゾしていたのです。案の定母は、仕分けが終わった私に、待ってましたと言わんばかりに口火を切って「今朝なぁ、ストーブの灯油を入れようと思ってなぁ、タンクにポンプを挿したまんま今日に限ってこっちの部屋に来てまってなぁ、あれっと思って戻ったら灯...

母の午後診療に付き添いました。/ ホッとするのはお味噌汁の味

0
先週末から母に頼まれていたこと月曜日の今日、かかりつけ医に連れいってほしいと。今日私は早朝出勤だったため、夕方4時には仕事が引けるし、それくらい朝飯前のことそれなのに母は「いいか、いいか」と何度も私に念を押して、いつもの怒りっぽい母とは正反対のこんな遠慮深い部分もあるのです。母のかかりつけ医の送迎は、同居している兄がすることの方が多く、今日の受診も母は兄に頼もうとしたところ、その直前に兄の機嫌を損...