予定通り今晩は

ご近所のHさん宅で 
Hさんに手ほどきを受けながら

無事に
ねずしの仕込みを完了しました。


≪材料≫
・大根 1本(小さめなら2本)
・人参 2本
・生こうじ 400g
・鱒 500~750g(サイコロ状の混ぜ寿司用で甘塩のモノ)
・ご飯 5合分
・塩 大さじ1杯~1.5杯
・鱒の皮

・陶器かホーローの容器
・重し(軽くていい)
・落し蓋
・大きめのポール
・しゃもじ
*容器はすべて熱湯消毒をしておく。 


≪作り方≫
仕込み前日
①千切りにした大根と人参に塩をまぶして軽く混ぜておく。
IMG_2245.jpg 

仕込み当日
②仕込みを始める1時間前にはご飯を炊き上げ、
 人肌に冷めたご飯に、生こうじをほぐしながら混ぜる。
IMG_2254.jpg 

③①から出た水気はしっかり絞っておく。
IMG_2255.jpg 

④混ぜ寿司用の鱒(油がのっていて美味しい)
IMG_2256.jpg 

⑤容器に②→③→④の順に薄くのせて軽く押すを繰り返し
 最後にご飯をのせて平らにする。
IMG_2257.jpg 

⑥鱒をさばいてもらった魚屋さんに
 捨てる部分の鱒の皮をもらっておいて
IMG_2260.jpg 

⑦平らにした一番上のご飯の上にのせる。
IMG_2258.jpg 
こうすることで
まったりと油ののったねずしができるそうです。

⑧この上をラップで覆い、
 落し蓋、重しをして、ほこりよけにビニールを被せる。
IMG_2259.jpg 
5℃程度の温度が保てる場所に保管し
2週間程経った頃から食べ頃となります。

上手くできれば天下一品となる予定



IMG_0608.jpg
去年Hさんにいただいたねずしです。

 



ポチッとしていただければ幸いです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ




Comments 4

There are no comments yet.
ひまわり  

郷土料理ですかね。

なれずしは各地にいろいろありますがねずしは初めて聞きました。

日本酒に合いそうですね。w



美味しくできるといいですね。

2016/12/17 (Sat) 18:56 | EDIT | REPLY |   
ミー  
ひまわりさん こんばんは

コメントありがとうございます!

日本酒に合いますょ(^^)

ひまわりさん宅は
ねずしを仕込むのにふさわしい
寒い環境とお察しします(^_^;)汗

是非一度作ってみてくださいね♪

2016/12/17 (Sat) 22:36 | EDIT | REPLY |   
kario  

美味しそうですね〜(*´꒳`*)
こちら秋田でも似たような郷土料理でハタハタずしというのがあります。
ハタハタという白身で小ぶりの魚を使うバージョンです。

このような魚を漬けるすしが出回ると
いよいよお正月も近いな〜という気分になりますね(o^^o)

2016/12/18 (Sun) 08:39 | EDIT | REPLY |   
ミー  
kario さん こんばんは

コメントありがとうございます!

やはりこういったお寿司は
どの地方にもあるようですね(^^)

ホント
お正月間近って気分になりますね♪

2016/12/18 (Sun) 23:23 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply