先日受診した

人間ドックの結果が届きました。


A~Fまでの6段階の中で
最悪のF判定です。


30代までは
何の問題もなかったA判定だったのに

年齢を重ねるにつれて
AからB、BからCと徐々に階級を上げ
ついにはFまで登り詰めた?
いやいや転げ落ちたというわけです。


血圧、脂質、糖代謝、肝機能、胸部

それに加えて
現在経過観察中の乳房、甲状腺

これだけ見ると
病気の宝庫みたいじゃあないですか


やっぱり健康そのものであった
若い頃のようにはいきません。


私は
人間ドックで初めて脂質を指摘された時

それまでの自分の健康状態が
あまりにも良好だったので

結構
どうしようと思い悩んだのですょ


娘もまだ幼かったし

脂質を指摘されただけなのに
=病気=命の危険みたいに捉えてしまって

もし私に万が一のことが起こったら
娘はどうなるんだろうと

ひとり親ゆえの不安というか
元来の小心者であるがゆえの恐怖というか

そんなものに怯えていたのです。


それからというもの
年々指摘される箇所が増え

結果が届くたびに
ランクダウンしている判定を見て
もう慣れっこになってしまったのが正直なところです。


だからといって
何も対策を講じていないわけでもなく

食生活を改善してみたり
15年間の喫煙生活にピリオドを打ったり

それなりの努力はしているつもりだけど

努力はしても
これ以上悪くはならないというだけで

哀しいかな
若い頃のように
A判定に戻るようなこともないようです。


私は人の体も車と同じだと思うのです。

買ったばかりの新車の頃は
故障もしないし見た目もピカピカ

だけど

何年も同じ車に乗り続けていると
故障したり見た目も古臭くなってしまう

それでも
長く安心して乗り続けるためには
定期的に車検を受け
車検で不具合が見つかれば修理する

それの繰り返しです。


それを人に置き換えると
車検は人間ドックで修理は治療

不具合が見つかれば治せばいい
という考えに行きつくのだけど

人の体のメンテナンスというモノは
人生を全うするまで続くもので

それがいつまで続くかわからないとなると
気力というモノも必要になりますね



IMG_2354.jpg 
ファイトファイト の絵文字


スポンサードリンク


ポチッとしていただければ幸いです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ


Posted by





Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply