スポンサードリンク

大学生の娘の

国民年金の支払いは
学生納付特例制度というのを利用して
保険料納付を猶予してもらっているのだけど

時々届く年金定期便の納付状況の欄に
今までずっと
「学生特例等」と書かれていたのが

突然
「猶予」という言葉に変わっていたので
ちょっと不思議に思い

私はその理由を知りたくて
管轄地の年金事務所に問い合わせたのが
今年の初め


それによると
「学生特例等」でも「猶予」にしても
将来的な扱いはなんら変わりはないが

学生であることが事実ならば
本来の表記である「学生特例等」にしておいた方がいい
と年金事務所の人に言われて

しかもその申請は
一年ごとに更新手続きをしないといけないものだそうで

娘は
学生証のコピーやらなんやら添付して
手間暇かけてその書類を作成し
2月に提出したばかりだというのに

つい先日
分厚い封筒で1年分の国民年金納付の振込用紙が
うちに届いたのです。

学生で稼ぎがないから
納付猶予の申請手続きをしたにもかかわらず
今すぐ払えということですょ


めんど臭い手続きを
ようやく終えてホッとしたというのに
どういうことだと

さすがの私も
ちょっとばかり頭に血が上って

管轄地の年金事務所に
私の怒りが届けとばかりの声で
さっそくまた電話をしましたょ


すると
年金事務所の担当者は

2月に娘が出した書類の承認が遅れたために
納付の振込用紙が届いてしまったと言い訳し

またあらたに
今年度分の申請をしないといけない
と言うので

仕方がない

早速
申請用紙を送ってもらったところ

今度は日本年金機構の
広域事務センターというところから封書が届いて

管轄地の年金事務所から
先に送ってもらった申請用紙で申請しなくても
同封の簡易なハガキで手続きをすれば
簡単に学生納付特例の申請ができると。


もぅ
なんじゃこりゃ


ああしろというから従えば
今度はそれをしなくていいとのたまうし

本当に大丈夫なんかい?
日本年金機構って


年間で20万円ほどの国民年金納付額って
決して安くはないこの金額を
きちんと納めたとしても

このお金もどこかに行ってしまうんじゃないかと
少々不安になりましたょ


きちんと納めてほしいと国民に訴える前に
こういった対応もきちんとしてほしいですね


ポチッとしていただければ幸いです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

Posted by
国民年金
スポンサードリンク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply