今日は朝から雨

さてと
GWに頂戴した3連休2日目

雨降りとあらば
部屋の片づけでもして地味に過ごそうかと
いつもの朝食をのんびり摂った後

残ったコーヒーをすすりながら
新聞に目を通していたら

おっとぉ

いつもの映画館で
追憶」が公開されているではないですかぁ


ということで
それから急いで支度をして
映画館に向かって車を走らせました。


追憶」はGWの最中の
5月6日に公開されたばかりで(映画情報はこちら

さすがに劇場内はほぼ満員

いつもは一番後ろの指定席を取る私も
今日は仕方なしに前から2番目の席で

近すぎるスクリーンまでの距離に
違和感を覚えるどころか
鑑賞後には首が痛くなるような始末でした。


それでも
この映画を観終わった後には

この映画に出会えたことへの感謝も含め

いつの頃からか母を反面教師としてきた
私が抱えて続けている「母という病」を
少し癒すことができたような

そんな思いでいっぱいになりました。


親に見捨てられた3人の少年が
母性愛父性愛溢れる男女と同居することから始まるこの映画

血の繋がりとか実の親子という言葉は
妙に薄っぺらく
時には残酷


映画のワンシーンに
子供を虐待死させた父親が逮捕される場面があったのだけど

別に悪びれた様子もなく
罪の意識もない

犠牲になるのはいつも子供
自分の血の繋がった子供

だけど
その子供の親も
遠い昔は誰かの子供だったんですよね


今年の母の日は5月14日

私が
母の日に感謝の意を込めて
ささやかな贈り物をするようになったのは
ほんの数年前からです。

今では
母も昔の母ではなくなり
私も昔の私ではなくなったのでしょう。

それでも
私が母に対して抱いている負の感情は
完全に消え去ったわけではありませんが

そういう私もまた
娘にどう思われているかもわからないのです。


ほぼ満員の劇場内

映画のラストシーンでは
あちこちからすすり泣く声が聞こえました。

もしかしたら
世の中には
絵に描いたような親子の方が
少ないのかもと思いました。


親になるということは
簡単なことではありません。

スポンサードリンク


ポチッとしていただければ幸いです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ


Posted by





Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply