スポンサードリンク

私が離婚して

ここのアパートに引っ越してきてから
もう20年以上も経つのだけど

引っ越してきた当時
何のご縁で知り合ったのかは
すっかり忘れてしまったけれど

ご近所の戸建てに住む彼女は
私よりも随分と年上の方で

当時から長く
化粧品の訪問販売を続けてらっしゃいます。

私も彼女に勧められて
その化粧品を2、3度使ったことがあったけれど

それは決して安い化粧品でもなくて
当時の私の経済力で使い続けるには
かなり無理があり

買うのをやめてからは
ご近所でありながらも
彼女との縁もそれっきりになっていました。

それでも時々街で出会えば
挨拶ぐらいは交わしたけれど

結構こういう方と話が長くなると
営業が始まることはわかりきっているので

なるべく話が長くならないように
さっさと切り上げるように心がけるようにはしていたけれど

今日彼女に偶然出会った時

私は
あいさつ代わりのつもりで

うかつにも彼女に
「まだ化粧品やってるの?」
なんて聞いてしまったのが運の尽き

そこから彼女の営業トークが炸裂してしまったのです。

聞けば彼女は御年70歳を超えたそうで

まずは
その事実を聞いただけで私は
尻もちをつくぐらいビックリしてしまったのは
それほど若々しい方だということです。

というのも
彼女は化粧品を販売しているぐらいなので
お肌のお手入れには抜かりがなく

当時から
お顔のマッサージは毎日の習慣だと言っていたけれど

70歳を超えた今でも
「私の顔は商売道具だから」と言って
それを実践していると言うのです。

そうでなくても

彼女のお顔だちは
くっきり二重の大きな瞳に
鼻筋の通った高く細いきれいな鼻

笑った口から見えるのは
昔と変わらない八重歯

そんな彼女のお肌が
シミひとつないもっちもちのすべすべ肌だったら
化粧品も売れるでしょうと

彼女が未だ現役で
化粧品の販売をしている理由がわかるというモノです。

別れ際彼女は
「ミーさん!
 今度、化粧品のサンプル持って行くで使ってみてよ!」
って言って

すっかり私は罠にはまってしまった感じだったけど
それが別に嫌味でもなく

70歳過ぎても彼女のような肌でいられるんなら
ちょっと一つ買ってみようかと
自然に思わせることができるのは

彼女が長い間
化粧品販売一筋でやってこられた
誇りと自信の表れなんでしょう。

スマホもバリバリ使いこなし
趣味のガーデニングにも勤しみ
一回り以上も年下の友人たちと頻繁にお茶する彼女は
キラキラと輝いて見えました。

まぁ私は
彼女のような営業職には到底向かないし
社交的でもないけれど

70歳を過ぎても私なりに
自信に満ち溢れた生き方をしていたいと
今日の彼女を見てそう思いました。

 

ポチッとしていただければ幸いです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

Posted by

スポンサードリンク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply