今月の初めに

年に一度の婦人科検診のため
ちょっと離れた総合病院に出かけたのですょ

別に平気な人ならいいけれど
なるべくなら診療科が診療科だけに
こっそり受診したいのが私の思い

先日のことがあったもんだから

こういう時はまず謝罪でしょうょ / 不労所得への入門 - お金・節約生活・愛用品

今日の休日年に一度の子宮がん検診を受けるために車で1時間ほど北へ走ったところにある総合病院へ行ったのです。こちらの病院にはかれこれ15年ほどお世話になっているのだけどずっとお世話になっていた先生が定年退職されために去年の受診はどこか街の病院からやってきた若い先生の診察となったのです。私的には内科や耳鼻科という診療科ならともかくも産婦人科での受診となればいくらこの年齢に達していると言えども多少の羞恥...


仕切り直しの明日の受診こそは
ちゃんと済ませて帰って来られるように

念には念を押して
今日再び病院に確認の電話を入れて
心の準備をしたところです。

年に一回
こうして精査するのは
子宮がん検診、乳房検診

人間ドック

それに加えて
現在治療中の骨粗鬆症
甲状腺嚢胞の経過観察

20代、30代の頃には想像もしていなかったぐらい
錆びてきた自分の体のことを考えると

私もそれなりにストレスのかかる生活をしてきたのだと
今になって思うのと

若い頃にお医者にかかったのは
歯医者ぐらいのもので

ちょっとした風邪ぐらいは
市販薬で治していたので

いかに今
医療費にお金をかけているかということ

お金がなければ
歳もとれませんね

逆に思うのが

お金がないからと言って
お医者にもかかれないことほど
みじめなことはないような気もするのです。

これから
60代、70代になった時

自分の体の具合の悪い時ぐらい
ちゃんとした治療を受けられるように
もっと貯金をしておかなければと

だって
そんな年齢で今のようにフルタイムで働けるわけでもないし
働けたとしてもスズメの涙ほどの収入でしょうょ

医師の西川史子さんも言ってらっしゃいました。
「お金があれば世の中の99%のことは解決できる」と

持つべきものはお金

そう思える部分は確かにありますね







ポチッとしていただければ幸いです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ




Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply