よくわかりませんね

NHKの受信料のこと

まぁ
私も滅多に見ないNHKだけど

受信料は2か月に1回
通帳から勝手に落ちているので
そういうもんだとあきらめていますけど

払わない人は
昔から頑として払わないようですね

NHKの受信料の話題になると

私は必ず
中学の先生が言っていたことを思い出しますょ

「NHKは公共放送だから
 民間放送のようにスポンサーのCMがない。
 だから、運営資金は受信料から賄わなければならず、
 受信料を払うのは国民の義務だ。」と

これをもし
中学の時に聞いていなかったら

私もきっと未だに
頑として受信料なんか納めていなかったと思うのですょ

なので
私にとってNHKの受信料は税金のようなモノ

そんな風に思って過ごしてきたのと
大した金額じゃないということで
納得していたのですがね

ただ
過去に1年間ほど
ろくに観もしない衛星放送の契約をしていた時

NHKの受信料まで2倍ほどに上がり

さすがにその時はもったいないと思い
尚且つ契約した衛星放送も滅多に観ない

となれば
即解約の手続きとなったのでした。

今回の最高裁の判断では

受信料未払いの人に対しては
テレビを設置した時点から遡って支払い義務が生じるということ

これってちょっとひどくないですかぁ

十分支払い能力があるのに払わなかった人もいれば

大学生や低所得世帯の方々のように
払いたくても払えない人もいるわけで

そういう人たちからも
「今までの分まで耳を揃えて払え」
ということですよねぇ

NHKの受信料の取り立ては
ハンコを押させるために必死になって
閉める玄関のドアに足を挟んでまで居座るという話を
身近な人に聞いたこともあります。

支払いの公平さを訴えるより

スマホの料金のように

見たか見ないか
どれだけ見たかで
個々に見合った料金を徴収すればいいのではと
個人的には思うのですけどねぇ

お金のない人はきっと見ないでしょうね

私もきっと
紅白歌合戦しか見ませんけど





ポチッとしていただければ幸いです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ




Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply