5連勤最終日の今日

いよいよ今晩は、ご近所のHさん宅で誘われていたねずし作りが終われば、明日の休みはお正月支度のラストスパートにかかれると、疲れた体にも気力だけはまだまだ残っていたのです。

夕方5時前に帰宅した私は、念のため去年と同様、7時頃に伺えばいいかを確認するためにHさん宅に電話をしたところ、電話に出たHさんの気のない声に嫌な予感がしたのは的中していたのです。

Hさん曰く、今日の朝、ねずし作りに欠かせない鱒をスーパーに買いに行ったところ品切れで手に入らず、予定していた今晩のねずし作りはできないと。だから、Hさんはお米は研いだけどスイッチを入れずにいるのだと。

しかも、そんな大事なことを私に知らせるのが遅れてごめんと。

しかたないですょ 

具の調達はHさんに任せていたのだし、鱒が品切れだったのはHさんのせいでもないし

だけど、この5連勤の間に私はHさんからのミッションは忠実に果たし、昨晩も帰宅後、夜の8時半頃から1時間かけてせっせと大根と人参を細切りにして、今朝も早朝出勤だというのに冷たいお水でお米を研ぎ、今晩のねずし作りのために予約タイマーで炊きあがり時間をセットして、これでHさんからのミッションはすべて果たして、さぁいよいよといったところでそれはないでしょうと、プチっと小さく切れましたょ

せめて、せめて、私に下準備のミッションを課すぐらいなら、鱒が確実に手に入るように予約ぐらいしておいてくださってもよかったんじゃないかと思うのだけど、先日ご主人を亡くされたばかりのHさんのことを思えば、そんな恨み言など言えるはずもなく、「ねずし作りは鱒が手に入る明日の朝にしよう」というHさんの提案を快く受け入れるしかなかったのです。

たまたま明日が休みだったからよかったものの、これが休みじゃなかったら準備していたものは無駄になったところです。

5連勤後の待ちに待った貴重な明日の単発休み
数少ない今年残された明日の休み

ため息の一つもこぼれます。

「炊き立てのご飯を持ってきて」と言われていたので、予定に合わせて夕方5時には炊き上がっていた5合分のご飯

Hさんは「炊いてしまったんなら仕方ないから、明日の朝まで保温しておいて」とおっしゃったので、おっしゃる通りに保温しているけれど、長時間保温したご飯の匂いが嫌いで、普段からそういうご飯は食べない私ですが、

IMG_3809[1927]-compressed 
もう6時間以上も保温しています。

おひとりさま、一人暮らしの長い私は、人に振り回されることが少ないからか、こんな風に人に振り回されるとものすごく疲れます。

Hさんには申し訳ないけれど、来年からは一人でねずしを作りたいと思いました(-_-;)


ポチッとしていただければ幸いです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

にほんブログ村テーマ
ココロの断捨離
丁寧な暮らし節約ライフ100円ショップ L O V E









Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply