ご訪問ありがとうございます


★このブログの人気記事★

早期退職への思いが消えた理由 / 冷蔵庫整理の絶品おかず


定年まで残すところあと数年となった今、事あるごとに仕事辞めたい病にかかる私

「もう辞めたい」とあれこれ理由をつけては愚痴をこぼす私のことを、同僚たちは「また言っとる」と呆れて見ているのではないかと思うほどだけど、昨晩は職場関係で作っている内緒のメンバーたちで久しぶりの飲み会をして楽しかったからか、慢性的な仕事辞めたい病はどこへやら

メンバーの中には定年間際の管理職もいたのだけど、管理職ともなれば私のような底辺の人間には計り知れない重圧もあるでしょうに、昨晩はまるで少女のように私たちと一緒になってはしゃいだりして、そんな姿を見ていたら、こんな風に時々息抜きをしながら1年1年をやり過ごしていけば、いつの間にか定年がやって来るのではないかと思うようになったのです。

それともう一つ、一番大事なことはお金のこと。

おひとりもんである私は、安心して老後の生活をするためのお金が準備できるかということが最大のネックになっていたのだけど、気になっていたのは退職金額のこと。

早期退職と軽々しく言ってはみても、いったいどれくらい退職時にお金がいただけるかで、その後の自分の働き方や生活ぶりも決まるというモノで、気になることをこっそり聞いてみたのですょ

そこで分かったことは、退職金額を決定するにあたっては退職金制度の仕組みというがあって、勤続年数、学歴、退職理由などの項目からその制度にのっとって決定されるということ。

退職理由一つとってみても、『自己都合』による早期退職よりも定年まで立派に勤め上げる『定年』という退職理由の方がその金額が決定されるにあたって有利であることや、勤続年数が多くなるほど退職金額が増えるのは言わずとも知れたこと。

仮に今年度限りで退職した場合と定年まで勤め上げて退職した場合の金額の差は、私にとっては老後の安定した生活を左右されるほど捨てがたいモノのようです。

昨晩の飲み会や退職金制度のことを知った時から、仕事辞めたい病になんかかかっている場合じゃない、足を引きずってでも定年まで働くぞぅ! なんて厚かましくも闘志が湧いてきたのです。

お金がすべてではないと言えども、生活をしていくのに必要なのはやっぱりお金です。

歳をとったら今のようにバリバリと働くことは出来ませんし、今のようなお給料もいただけません。

ギリギリの生活費で爪に火を点すような生活よりも、たまには旅行をしたり、趣味のベランダ菜園も続けたいし映画館にも行きたい。多少の余裕は欲しいのですょ

そう思ったら、体が動くうちに、職場が私を雇ってくれるうちに一所懸命働いて老後の安定した生活に備えたいと思うようになりました。

そのためには健康な体を維持することです。健康でなければ働けませんからねっ



週末になり、冷蔵庫の食材が底をつき始めました。

明日の日曜日には、日曜朝市で大量の食材をGETするため、いつものスーパーへ早々に出かけようと思っています。

きちんとした食生活は健康な体作りの源です。


今日の夕ご飯
[2800]-compressed
ピーマンとしらすとしめじの一味炒め
ぎょうざ
青梅のめんつゆ漬け
納豆
八分づきのごはん
芋焼酎のレモン炭酸割

冷蔵庫の残り物の食材をあり合わせて作ったピーマンとしらすとしめじの一味炒め
[2805]-compressed
思いつきで作ったおかずほど絶品だったりしますね

しらすの塩気を考慮して、味塩コショウを控えめに一味をピリッと利かせた簡単料理はお酒のアテにもなって美味しゅうございましたょ♪


ポチッとしていただければ幸いです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

にほんブログ村テーマ
ココロの断捨離
丁寧な暮らし節約ライフ





関連記事


Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply