親の悪口を言うと

他人様は
「ミーさんよ
 親の悪口なんか言うもんやない」
と説教されるけど

物心ついてから私は

やりたい放題やって
支配的だった母のことを

ずっと反面教師として

ああいう親にはなりたくないと
思ってきました。


そんな母ももうすぐ80歳

実の親子ならではか
言いたいことを言い合うもんだから

時々けんかにはなるけど

さすがに
母もこの歳になると
昔のような勢いはなくなったとはいえ

相変わらず
物をねだる時の母は

これでも実の母親かと思うほどの
あつかましさを感じます。


以前から
実家の掃除機は
ホースが破れていて
それをガムテープで補強して使っています。

そのことを
あんまり母が言うもんだから

一度は
今年の母の日に
掃除機をプレゼントしようと思っていました。

その時の過去記事はこちらです。


決して余裕のある
生活をしているわけではない私が

実家の普段の生活の
援助をしている立場を顧みれば

母が
贅沢なことなど
言えるはずもないと思うのが
私的な考えなんですけどぉ


先日

母は私に
「おい、ボーナスはまだか?
 いい加減に掃除機買ってくれ」
と言いました。


私は
どんなものでも
動かなくなるまで使う人間です。


母はですねぇ

掃除機のホースに
ガムテープを貼って使っているのが
かっこ悪いと言います。


だから
私に買えと


仕方ないから買いますよ
一番安いのをね



頼られることをありがたいと思え

そうすれば
腹も立たんやろって

誰かが言ってたけど

残念ながら

私は
そんなに心の広い人間ではなさそうです。



スパティフィラム
7月1日 001 
明らかに根腐りで枯れかけていたのに
こんな蕾を発見すると

見捨てないでよかったなぁ
と思う次第です。



見捨てるわけにはいかないんですよねぇ
うちの母のことも


私が変わればいいんでしょうか?
むずかしいなぁキャラクター、ムーミン のデコメ絵文字





スポンサードリンク


ポチッとしていただければ幸いです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ


Posted by





Comments 2

There are no comments yet.
腹黒烏龍茶  
No title

私は大抵の場合、「人を変えるより自分を変えた方が早いわ」と思う人間でありますが、それでも「こんな奴のために自分を変える気にならん」と思うのも確かですよ。

頼られるだけ有り難いと思え、というのも正しいけど、人や場合によりますよね。

親だからどんな親でも尊敬しなきゃいけないとか、親だからどう思わなきゃいけないとか、考え方や思いを強制されるのは大嫌いです。
親も一人の人間だから、お互いの思いが一方通行になる時はあります。
それを子供だからわからないといけないとか、親だからわかってやらないといけないとか思いません。
そんなのを忖度するのは十代までですよ。
一人の人間だから別の個体の人間の考え方は、心を読む事が出来ない限りわからない、と思い定めて母の○○さんの考え方としてとらえる様にしています。

それに私はすごく気難し屋なので、きっと我慢させていることも多いだろう(逆ですね~)、そう思うと一人の人間として気遣いも出来るようになりました。

2015/07/02 (Thu) 01:07 | EDIT | REPLY |   
ミー  
腹黒烏龍茶 さん こんばんは

コメントありがとうございます!

世の中には
結構親子関係で悩んでいる方がいらっしゃるようですね。

私もこの歳になってようやく
現実を受け入れることができるようになったけど

青年期には
自分の親を尊敬できるような友人が羨ましかったですよ(^_^;)汗


2015/07/02 (Thu) 21:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply