ご訪問ありがとうございます


★このブログの人気記事★

会えない人への思いは募る。


高校生の時

近所の本屋で
何となく手に取って買った
「雨の玉川心中」
を読んで以来

決して正面から写真を撮らせない
どこか影のある
太宰治のことが
気になる存在の一人となりました。


昨日
太宰治が
佐藤春夫氏宛に書いたとされる

芥川賞を懇願する
4メートルにも及ぶ巻紙の手紙が
発見されたそうです。(→ニュース
太宰治 新聞記事 

自分の師である
佐藤春夫氏に
こういった手紙を書くこと自体
あり得ないことだと
記事は述べていて

そう考えると

こういう言い方は
大変失礼だけれど

私的には
太宰治の可愛らしい一面を
垣間見た様な気がしました。

こうして
彼の生きた証が発見されるたび
彼の新たな一面を知ることができ

勿論
お会いしたことなどないのだけど

死ぬまでに一度訪れてみたいと思って
先月初めに
三鷹市禅林寺にある
太宰治のお墓参りに行った時のように(→過去記事


会いたくても会えない人への思いは
どんどん募りますねぇ

 
ランキングに参加してます♪
にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ
にほんブログ村テーマ
ココロの断捨離
丁寧な暮らし節約ライフ





中古住宅を買う日までの備忘録
小さな古家と畑があれば



関連記事

Comments 2

There are no comments yet.
まりお  
No title

昔、ある人と富士にレースを見に行った帰りのこと。左ハンドルのベンツを運転しながらその人は「私のうちは日本で始めて美容院をはじめたんだよ」と。場所はお茶の水。名前は山崎。
その頃、太宰を読んでいた私はおそるおそる「親戚のどなたかに山崎富栄さんと言う方は居ませんか」と聞いた。そしたらその人「叔母です」だと答えた。
世の中、何がおきるかわからない

2015/09/11 (Fri) 11:24 | EDIT | REPLY |   
ミー  
まりおさん こんばんは

世間は狭い。
まさにその通りです。


2015/09/11 (Fri) 21:16 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply