ご訪問ありがとうございます


★このブログの人気記事★

映画「セッション」の余韻に浸ったぽっち飯

芸術の秋

観たい映画が目白押し

いつもの映画館で
今月30日までの
短い上映期間である
セッション」(←映画情報) 

もう
今日の休日を利用して
行くしかない。

朝起きた時から

そのつもりで
夕飯の準備まで整えてから
いざ映画館へ
10月27日 チケット 

平日の映画館

私自身は
かなり期待して行ったのに

スクリーンの観客は
私を含めて5人ぽっち


だけど
映画が始まった途端

観客の人数と映画の質が
比例するものではないことの証明が
同時に始まったような感じがしました。


この映画では
音楽の世界を
「狂った世界」だと言っています。


私の娘も
幼い頃から
楽器を習っていたこともあり

田舎の教室で
チンタラ習っている頃は
ほのぼのとしてよかったものの

上達するにつれ
人口の多い街に出て

少しばかりその道で
名の通った先生に
レッスンを受けるようになった時

確かに
親の私でさえ
音楽の世界は狂っていると
感じたことがありました。


音楽の世界のみならず
師とは常に絶対的な存在で

ましてや
この映画「セッション」の中の
ドラムの教師は鬼のようなお方

そんな師の
暴言、暴力に耐えていた
ごく普通の音楽好きだった生徒が

次第に
野心を携えた
傲慢な生徒になっていく姿は

まさに
狂った世界が
導いたものだったのかもしれません。


ラストシーンでは

その生徒が
鬼教師を
ドラムの技術で強引なまでに唸らせ

いつしか
その師弟が
「音楽」という字の如く

まさに
音を楽しむ世界に入っていく場面は
身震いがするほどでした。



いい映画を観た時は
その余韻が長く残ります。



帰宅してから

いつものように
ビールを飲みながら
ポッチ飯を食しました。
10月27日 夕飯 

なのに
頭の中では

映画のラストシーンでの
ドラム演奏
「キャラバン」の

身震いするような音が
延々と鳴り続けていました。



心にも
たくさん栄養をもらった感じです





ランキングに参加してます♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村テーマ
ココロの断捨離
丁寧な暮らし節約ライフ





中古住宅を買う日までの備忘録
小さな古家と畑があれば



関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply