スポンサードリンク

春頃に

気になっていた
ふすまや網戸の張り替えをしてみたり
間仕切りカーテンを作ってみたりして

今年は我が家の
住環境を整える年だと

せっせとDIYに励んでいたけれど(→カテゴリ記事

そんな作業も
暑い夏が来る前には
一段落ついていました。 


だけど
DIYに励んでいた時

いくら
見える場所ばかりきれいにしたって・・・
って思っていたのですょ


ふすま紙は白くきれいになったけれど

押し入れの中は
整理整頓もそこそこに
要らないものが溢れかえっていて

それらは結局
何年もの間
一度も使うわけでもなく
そこに眠っているだけのモノたち

そういうモノのことを世間様は
『ゴミ』と言っているのでしょうねぇ


50歳もとうに過ぎ
一人暮らしの私には

こんな年齢から
どんでん返しの人生など期待もできず

ただただ後は
残りの人生を全うすることだけを考えて
生きていかねばなりません。


また
50代でそんなことがあっては困るけど
私に万が一のことが起こったとしても

残された家族が
最低限の後始末をすれば済むように

少し前から
いわゆる断捨離というものに
取り組んでいたのですょ


先日ゴミにした物

ベビー布団
ゲームボーイ
ゲームカセット多数
公文のプリント
MD多数
ビデオテープ多数
CD多数
古い仏壇など


今日ゴミにした物

綿のよれた長座布団3枚
紙袋多数
食器多数
浮き輪
シュノーケル
干支の置物など


人にあげた物

CDラジカセ2台
CDラック
おもちゃ
キャンプ用品
ブックエンド
ボストンバッグ2個
リュックサック2個
ダーツセットなど


随分スッキリしたけれど

まだまだ
クローゼット、キッチン、倉庫が残っています。


ゴミにしたものは
後日まとめて
廃棄処理場へ持っていくように
外倉庫に保管してありますが、

家中のモノをすべて整理し終わったら
おそらく
軽トラ1台分ぐらいのゴミが出そうです。


こうして少しづつ断捨離をしていくと

部屋がすっきりしていくのは当然だけど
気持ちまでもがすっきりしていくのは
断捨離の相乗効果でしょうか。


若い頃の断捨離と違うのは
これから何かが始まるという
ウキウキしたような期待感はなく

遅かれ早かれやってくる
人生の終りに向けての覚悟が
整っていくような妙な感覚と共に

いい悪いにかかわらず
過去を切り捨てる作業でもあると思いました。


この年齢からの断捨離
終活の第一歩かも知れません。

しかも
今この時代に
終活は必要なことだともされています。(→こちら



たかが断捨離

だけど
結構、体力のいる作業なんですよねぇ
これが


数時間の作業で
ヘロヘロですゎ



ポチッとしていただければ幸いです♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 花・園芸ブログ プランター菜園へ

Posted by
断捨離終活
スポンサードリンク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply