ご訪問ありがとうございます


★このブログの人気記事★

映画『嘘を愛する女』を観て、やさしさに嘘はないのですね。

昨日から公開された映画『嘘を愛する女』

どうも高橋一生さんが気になる存在で、それに映画のタイトルが興味をそそり、休日の今日、早速いつもの映画館へ行ってまいりました。

嘘を愛する女 : 作品情報 - 映画.com

嘘を愛する女の作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。長澤まさみと高橋一生が共演し、恋人の大きな嘘に翻弄されるキャリアウーマンの運命を描いたラブサスペンス。オリジナルの...


どんな人でも生まれてこのかた嘘をついたことがないなんて奇特な方はいないでしょうが、この映画の高橋一生さんが演じた桔平のように身分も名前も嘘っぱちだったけど、相手を想うやさしい桔平の心に嘘はなかったのです。

それとは逆に、長澤まさみさん演じる由加利の傲慢さは、収入のない桔平に対して、いつも命令口調で指図したり、荒い言葉で蔑んだり、対照的な二人

人は何か重大な出来事が起こると、そういった自分の愚かさに気づくことがあって、かく言う私もその一人

自分の身の回りに起こる悪い出来事は、すべて自分に気づきを与えてくれるものだと思っているのです。

由加利の傲慢さがどこか自分に被って見えたのも、今の私に「この映画を観ろ」と神様が導いてくれたような気がしています。

私にはまだまだ優しさが足りません。

ヒールの靴では家まで帰れないだろうと、自分のスニーカーを脱いで由加利に渡し、人の多い通りを人目も気にせずに、靴も履かずに歩く桔平の姿は相手を想うやさしさそのもの

ラストシーンでの長澤まさみさんのいかにもお涙ちょうだい的な演技はちょっと微妙だったけれど、高橋一生さんが自分が書いた小説を朗読する低い声にはやさしさが滲み出ていて、今でも耳から離れません。

やさしさには嘘はないのですね

人のやさしさに触れて涙がこぼれました。



今日のお昼ご飯
FullSizeR[2109]-compressed 
映画の後、大戸屋で『チキンかあさん煮定食』

このメニューは初めて食べたけれど、土鍋でグツグツしながら熱々がいただけて美味しゅうございましたょ

かあさん煮というネーミングはさすが 
ピッタリな感じがしました♪

ランキングに参加してます♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ




中古住宅を買う日までの備忘録
小さな古家と畑があれば
関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply