ご訪問ありがとうございます


★このブログの人気記事★

親子の距離 / あきらめのラブハート

昨日の出来事から一夜明け、もはや実家の母や兄を責める気など毛頭もなく、むしろ、毎日実家に顔を出す私のことを母たちは本当は疎ましく思っていて、たまの息抜きが月に一度の診察の後のパチンコなのではないかと思ってみたりしてですね

確かに私が実家に長居すると、母は「早く帰れ」と遠慮会釈なしに言うこともあるということは、きっと私のことが疎ましいのでしょう。

亭主元気で留守がいい

私は亭主ではないけれど、母たちからしてみればそんな存在なのかもしれません。

私がたまに時間に余裕がない時など、「今日は行けない」と電話した時の母の声が妙にせいせいしているように聞こえるのはまんざら嘘でもなく本当のことかもしれませぬ

これからは実家に行く回数を減らしてもいいかなぁと思いました。

その方が私も楽ですから

親子と言えどもある程度の距離は保った方がお互いのためです。



あきらめのラブハート

去年の秋、100均でサボテンを3鉢買ってきて、小さな陶器の鉢に植え替えてからずっとキッチンの小窓に置いて育てていました。
[3640]-compressed
ギンデマリ、ラブハート、コガネツカサ

たまの水やり、暖かくなってから化成肥料をちょっとだけ与えたぐらいだったけれど、順調に育っているように見えました。

だけど、昨日の夕方、キッチンで料理をしながら何気にサボテンを見ると、真ん中のラブハートだけが根元から凍みたように色が変わっていました。
[3641]-compressed

ラブハートはその葉っぱの形が可愛いことから、観賞用にハート型の葉っぱが一枚だけ土に挿して売られているのだけど、ここから根が生えるというようなことはほとんどなく、時間が経つとこうして枯れてしまうことが多いようです。

ギンデマリやコガネツカサはすこぶる元気で、買ってきた時に比べると、一回りも二回りも大きくなったというのに、ラブハートだけは買ってきた時から一向に変化がないのは変だとは思っていましたが、まさかこんなことになるとは思わず、ちょっと残念な結果です。

形は可愛いけれど、行く末が枯れるとわかっている植物はもう二度と買いません。


ランキングに参加してます♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村テーマ
ココロの断捨離
丁寧な暮らし節約ライフ




中古住宅を買う日までの備忘録
小さな古家と畑があれば




関連記事

Comments 2

There are no comments yet.
腹黒烏龍茶  
こんばんは。

どこでも家族関係には色々ありますね。
お母さまのおうちには週に1,2回にしておくぐらいがいいのかもしれません。
そしたら娘の有難味が分かるのではないですかね。
うちは母ではないですが、姉とあまりいい関係ではないです。
親ほど情がないので、母がいなくなったら縁切りになるのかなあ。

2018/06/07 (Thu) 21:37 | EDIT | REPLY |   
ミー  
腹黒烏龍茶さんへ

コメントありがとうございます!

血縁=仲がいいということは絶対ないですね
むしろその逆のような気もします。

縁が切れるものならとっくに切っているのでしょうけど、仲が悪いのに縁が切れないから余計にたちが悪いのかも知れませんね(-_-;)

2018/06/07 (Thu) 22:58 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply