ご訪問ありがとうございます


★このブログの人気記事★

映画『検察側の罪人』を観て圧倒されました。 / 大戸屋のランチ

昨日公開したばかりの映画『検察側の罪人』を観てきました。

夏休み期間中の映画館は、子供向けの映画が多くて観たい映画が少なかったので、この映画の公開は前々から待ちわびていたのです。

検察側の罪人 : 作品情報 - 映画.com

検察側の罪人の作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。木村拓哉と二宮和也の初共演で、「犯人に告ぐ」などで知られる雫井脩介の同名ミステリー小説を映画化。「クライマーズ・ハ...


映画に興味のある方なら、この映画については、まずキャストに注目していたのではないでしょうか

キムタクに嵐の二宮君

まぁ、イエモンファンである私なんぞからしてみれば、キムタクや二宮君が出るからなんていうミーハー的な気持ちなどはまったくなくて、ただ、法廷ものが好きな私は、『検察側の罪人』という映画のタイトルに惹かれたというのが9割がたの理由で、それを彼らがどう演じるかということに興味があったとでも言いましょうか

検察側=正義であるはずなのに、罪人とはどういうこと?

キムタク演じるエリート検事の最上と二宮君演じる駆け出し検事の沖野、それぞれが求める正義はどちらが正しいかという問題ではなくて別々の正義なのです。

この映画を観た後、20年以上前に観た映画『評決のとき』と、どこか重なる部分がありました。

法を犯した者の正義、むしろ法を犯してまで貫く正義の裏にある深い愛情という点で、二つの映画に共通点を感じたような

『検察側の罪人』は、ストーリーの展開は勿論、キムタクや二宮君の演技は、彼らのアイドルと言われる領域をすっかり忘れさせてくれるほどのモノで圧倒されましたょ

彼らはもはやアイドルではなく立派な俳優です。

いい映画に出会えましたょ♪



大戸屋のランチ

朝起きた時はどしゃ降りでした。

さて、休日の今日はいったい何をしようと考えながらダラダラと朝を過ごしていたら、大雨警報解除の広報無線が流れたので、大急ぎで支度をして映画館に向かって車を走らせました。

今日は映画の前にお昼ご飯です。


大戸屋のランチ
[4877]-compressed
香味唐揚げ定食を注文、ご飯は五穀米の普通盛りです。

以前は必ず大盛りを注文していたのだけど、ゆる~い糖質制限を始めてからさすがに大盛りはやめましたょ(-_-;)


[4876]-compressed
香味唐揚げとはどんなものかと初めて注文してみたのだけど、小皿にターメリックっぽい香りがするスパイスが付いていて、それを唐揚げにつけて食べるようでした。

まずくはなかったけれど、私的には、ニンニクやしょうがで漬け込んだ和風の唐揚げの方が口に合うので、次回リピートはなさそうです。m(__)m

中古住宅を買う日までの備忘録
中古住宅を買うことに対する不安


ランキングに参加してます♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村テーマ
ココロの断捨離
丁寧な暮らし節約ライフ




中古住宅を買う日までの備忘録
小さな古家と畑があれば




関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply