ご訪問ありがとうございます


▶全記事タイトル一覧

年賀状のマナーについて考えてみた。

本当は元旦に届くよう、去年のうちに年賀状を出しておかなければならなかった大事な人から今日年賀状が届きました。

慌てて偶然残っていた1枚の年賀はがきを、明日その人宛に出すつもりだけど、これが常識の範囲内かどうかということです。

年賀状は松の内である1月7日までに出すのが一般的だといわれる中で、その人から私宛に届いたのは今日1月8日

私の方から明日投函したとしてもあちらに届くのは11日ぐらいになり、どちらにしても松の内を過ぎたことには変わりありません。

そうなると、どっちもどっち

あちらが常識の範囲内なら私もそう

あちらが非常識なら私もそうなるのだけど、ちょっとばかりつまらぬことを詮索してしまったのですょ

私の方からいつ新年のあいさつをするのかとしびれを切らして、わざとこんなぎりぎりにあちら様は年賀状を出したんじゃないかとか

まぁ、私の思い過ごしで大した真意がなければいいのですけど(-_-;)

考えてみれば年賀状ってメンドクサイものですね

実は定年を区切りに年賀状の終活を考えているのに、出してない人から届いたといって慌てて出してみたり、松の内が過ぎてから届いたけど、さて今からどうすればいいのかとか、年賀状でなくて寒中見舞いの方がいいのかとか、出さなかった人に遅れて出す年賀状には「ありがとう」と書いてはいけないとか

年賀状に関するマナーを考えてだけでもゾッとするぐらいで、今すぐにでも年賀状の終活宣言したいぐらいなのだけど、お相手が娘の嫁ぎ先の親御さんではそうはいきませんこと

来年からは忘れないようにします。

娘に恥をかかせるわけにはいきませんから

とは言ってもやっぱりメンドクサイものはメンドクサイ


ランキングに参加しています♪
▶にほんブログ村 50代おひとりさま
▶にほんブログ村 暮らしを楽しむ
▶人気ブログランキング シニアライフ
▶人気ブログランキング ベランダ菜園
▶FC2 ブログランキング



にほんブログ村テーマ
ココロの断捨離
丁寧な暮らし節約ライフ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ


中古住宅を買う日までの備忘録
小さな古家と畑があれば

関連記事

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply