ご訪問ありがとうございます

高価買取なんてうたい文句に惑わされてはいけません。




断捨離にハマっている私です。

文庫本と単行本の買い取りはブックオフオンラインに決め、すでに梱包も済ませて、あとは運送会社が集荷に来るのを待つのみとなっています。

昔、娘の運動会などで大活躍した一眼レフのフィルムカメラや、夏休みの自由研究で活躍したポラロイドカメラ、旅行のスナップ写真用のコンパクトカメラの3点はカメラの買取屋さんと連絡がついたので、後は私から荷物を発送するのみです。

一番難儀しているのがレコードと音楽雑誌の類です。

当初、買い取りの依頼をしてみようと思っていたディスクオユニオンより、セタガヤレコードの方が良いという口コミもあったので、モノは試しに今日、セタガヤレコードに電話をして買い取りしてもらいたいレコードの種類やアーティスト名を話したところ、あっさり断られました。

ビートルズのレコードのような希少価値のあるモノは高く売れるようですけど、そうでないものはどうやら二束三文のようですね

私のように不用品を処分しようと思っている人なんて、世の中にはわんさか居るわけで、あわよくば、そんな不用品が高く売れればなんて欲をかく方がさもしいのかも知れません。

そもそも捨てようと思っていたモノなのですから、潔く手放そうと思い直しましたょ

高価買取なんていううたい文句に惑わされてはいけませんね

明日は兎に角、ディスクユニオンに電話して、査定価格云々は抜きにして、処分してもらえるならそうしてもらおうと思っています。

今はただ一刻も早く、部屋を占領している不用品の入った山積みの段ボール箱を、きれいさっぱり処分したいだけ

ただそれだけです。


こんな記事も読まれています。

▶全記事タイトル一覧を見る







★にほんブログ村 50代おひとりさま 
★にほんブログ村 50代の生き方
★にほんブログ村 暮らしを楽しむ
★人気ブログランキング シニアライフ
★人気ブログランキング 日々の出来事
★FC2ブログランキング 一人暮らし