ご訪問ありがとうございます

花粉症さえなければ、もっと春を満喫できるのに / 厳しさとは

3、4日前からついに症状が出始めた花粉症

くしゃみ連発、水のような鼻水は床にまで落ち、痒い目をこすれば目は真っ赤に、瞼まで腫れ上がり、それに伴う頭痛は四六時中

それはもはや花粉症なんて美しい表現ができるような生易しいモノではなく、この時期特有の苦しい病気です。

普通、病気なら仕事も学校も休めるのだろうけど、こんなに辛いのに花粉症で休む人はいないでしょう。

毎年この時期になると、遅かれ早かれ花粉症に苦しめられるのだけど、私の場合、近くのドラッグストアにある市販薬を飲みさえすれば症状は治まるというモノの、薬というモノには必ず副作用というモノが伴って、今度はそれに悩まされるのです。

その副作用というのは眠気

花粉症の薬を服用中の眠気というモノは、普段の眠気とはちょっと違って頭までボ~っとしてくるような眠気

仕事中も、「あれ?今何をしようとしていたんだっけ?」なんていうぐらい思考回路が時々遮断されるぐらいの時もあって、そうでなくても物覚えが悪くなった年齢なのに、それ以上のことになってしまうのです。

これでは仕事になりませんですねぇ

本当に困ったもんです。

まぁ、これも飲み始めの時が特にひどく、毎日飲んでいるうちに徐々に副作用の症状も緩和してくるのですけどね

どちらにしても、暖かい日差しが徐々に眩しくなり、木々が芽吹き、花が咲き、鳥が鳴き、誰もが心までパ~っと明るくなるようなそんな季節に、花粉症さえなければ、もっと春を満喫できるのに...と毎年のことながら思うのです。

↓ランキングに参加しています♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ 





トレチノイン・ハイドロキノンカテゴリへ

★【返金保証】BIHAKUEN ハイドロキノン&トレチノインクリーム
★くすみ・しみを洗い流す「BIHAKUEN ハイドロキノンソープ」
★(BIHAKUEN)ナイトクリーム



厳しさとは

さて、年度末になると職場では人事異動の話題にみんな興味津々です。

私も今の部署に異動してから、丸4年が経ちました。

私がこの職場に就職したての25年前は、わけもわからず厳しく叩き上げられて仕事を覚えた時代でした。

それが当たり前だと思っていた時代はすでに終わり、あの頃私が叩き上げられて仕事を覚えたように次の世代にしようものならパワハラだと訴えられる時代になりました。

新しい年度を迎えるたび、人事の移動があるたび、転入者への教育に戸惑うのが正直なところです。

定年まであと3年

厳しさ=パワハラと言われるのなら、何にもできないし言えない、逃げ切った方が得策だとも思ってしまいます。

あの時代は一体何だったんでしょうね

あの時代は損だったのか、今の時代が恵まれているのか

とらえ方は自分次第だと思いますが、あの時代に叩き上げられたおかげで今の自分があると思うと、私は決して損をしたとは思っていませんがね


↓いつも応援ありがとうございます<(_ _)>
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ 

にほんブログ村テーマ
ココロの断捨離
丁寧な暮らし節約ライフ

↓ポチっとお手数かけます<(_ _)>
 










トレチノイン・ハイドロキノンカテゴリへ

★【返金保証】BIHAKUEN ハイドロキノン&トレチノインクリーム
★くすみ・しみを洗い流す「BIHAKUEN ハイドロキノンソープ」
★(BIHAKUEN)ナイトクリーム


サブブログ
小さな古家と畑があればへ
*不定期で更新しています。

関連記事

▶全記事タイトル一覧