ご訪問ありがとうございます

京都を訪れた本当の目的

娘夫婦と半年ぶりの再会も果たし、美味しいものもたくさんいただき、素敵なお宿にも泊まり、日常からかけ離れた非日常を十分すぎるほど堪能した京都の旅もあっという間に終わりました。

世間ではGW10連休の過ごし方や、新年号へのカウントダウンの話題で盛りだくさんの中、私はすでに日常にすっかり戻り、体力の限界を感じながらも仕事に励みつつ、ベランダ畑の野菜たちをせっせと育てております。

こうして普段の暮らしに戻ると、京都で刻まれた思い出も次第に薄れていくけれど、今回、京都を訪れた本当の目的はグルメ旅ではありません。

道すがら美味しいものをいただきつつも、娘たちと過ごす時間を惜しむように多くの場所を観光し、日本の歴史にもたくさん触れました。


国宝三十三間堂
[6677]-compressed
堂内にある千体の観音立像を目の当たりにした時には、その厳かさに鳥肌が立ちました。


京都最古の禅寺 建仁寺
[6662]-compressed
禅宗の四大思想を象徴した〇△□乃庭


安井金毘羅宮 縁切寺
[6678]-compressed
山のように碑に貼られた紙の願い事を見ると、私と同じような思いでこの場所を訪れる人の多さに何となくほっとしました。


実は、京都に着いて一番先に訪れたのが父の眠っている場所でした。

[6674]-compressed

[6675]-compressed

父が亡くなってから今年でちょうど10年が経ちました。

私にとって、実家の母や兄はまったく頼りにならない存在である代わりに、父はとっても大きな存在でした。

二度と会えないことは百も承知だけど - 貧乏家族の苦難と幸福検索

2月下旬朝晩はまだまだ寒いのだけど太陽の傾きが少しだけ高くなったり羽織るものが重いコートやダウンコートからハーフコートに変わりつつあるこんな時期どうしても思い出してしまうのが父のこと7年前のこの時期に父はちょっとした風邪をこじらせて私に看病されるために目と鼻の先にある実家からうちに来てここで2週間過ごしたあと病院に入院しその10日後に亡くなりました。あっけない父の最期でした。父はとても温厚な性格で...


父を偲ぶ時、家族にとって血の繋がりにどんな意味があるのかを考えます。

[6688]-compressed

父は血の繋がりのない私や娘を32年間、本当に大事にしてくれました。


↓いつも応援ありがとうございます<(_ _)>
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ 

にほんブログ村テーマ
ココロの断捨離
丁寧な暮らし節約ライフ

↓ポチっとお手数かけます<(_ _)>
 










トレチノイン・ハイドロキノンカテゴリへ

★【返金保証】BIHAKUEN ハイドロキノン&トレチノインクリーム
★くすみ・しみを洗い流す「BIHAKUEN ハイドロキノンソープ」
★(BIHAKUEN)ナイトクリーム


サブブログ
小さな古家と畑があればへ
*不定期で更新しています。

関連記事

▶全記事タイトル一覧