ご訪問ありがとうございます

初夏のベランダ畑を一挙ご紹介 ~後編~




梅雨の走りなのか、どんより曇った空模様がこれから多くなるのかと思うと憂鬱な気分になるけれど、憂鬱だからと言って寝込むわけにもいかないし、仕事にもいかなければいけません。

こういう時は、何かで気を逸らすのですょ

ずっと仕事が忙しかったから、久しぶりの休日に映画館に行って好きな映画でも観て気を晴らすのとは違って、これ以上憂鬱にならないように、何かに没頭して気を逸らすのです。

というより、何かに没頭する方が先かも知れず、そうしている間に憂鬱な気分をいつの間にか忘れるといった感じでしょうか

私がベランダ畑で野菜の世話に没頭するのは、まぁ、趣味といえば趣味なのだけど、色んなことがあり過ぎた私のこれまでの人生で、ともすれば自分を見失いそうになりながらも、辛うじて見失わずにいられたのは、常にこうして何かで気を逸らしていたからかも知れませんがね

おそらく私が元気でいる間は、この先もずっと野菜を作り続けるでしょうね

なんたって楽しいですし

それに尽きます。




初夏のベランダ畑を一挙ご紹介 ~後編~

野菜の写真をブログに掲載すると、読者の方からベランダ畑全体の写真を見せて欲しいといったコメントをいただくことがたまにあります。

そんなご要望に何度かお応えしようと、ベランダ畑全体が写るようなアングルを探したのですけど、アラを隠しつつ全体をカメラに収めることはなかなかできないモノですね(-_-;)

左から見たベランダ畑
[6878]-compressed


右から見たベランダ畑
[6876]-compressed


フェンス沿いのハンギング
[6877]-compressed

この場所にはプランターハンガーを設置してあります。

高い位置にプランターを置くことで、野菜を育てるのに大切な日当たりを確保できます。

今や私にとってプランターハンガーは、ベランダで野菜作りをするための必須アイテムとなっていますょ(^-^)



一直線の狭いベランダという環境の中でも、日当たり抜群の場所もあれば、1日に数時間しか日があたらない場所もあったり、また、フェンスの一部はコンクリート壁になっているので、ほとんど日があたりません。

そんな日照条件をうまく利用して

日当たり抜群の場所にはミニトマト、ししとう、枝豆など

1日に数時間しか日があたらない場所には葉物野菜

ほとんど日があたらない場所にはみょうが

といったように、それぞれの野菜に適した置き場所を選んで育てています。


今、うちのベランダ畑では一人では消費できないぐらいのフリルレタスや青じそが生育中です。

消費のためにせっせと摘んでいただくというのもアレですけど、採れたての野菜の味はやっぱり格別ですね

[6887]-compressed (1)

今日のグリーンサラダは、ベランダ畑直送、3種のフリルレタス、青じそ、パセリをチョチョッとちぎったり刻んだりしてですね♪



こんな記事も読まれています。

▶全記事タイトル一覧を見る







★にほんブログ村 50代おひとりさま 
★にほんブログ村 50代の生き方
★にほんブログ村 暮らしを楽しむ
★人気ブログランキング シニアライフ
★人気ブログランキング 日々の出来事
★FC2ブログランキング 一人暮らし