ご訪問ありがとうございます

映画『アイネクライネナハトムジーク』




ぶり返した真夏のような暑い休日

台風は強風圏内で通過中、時々強い風が吹き、空模様も怪しい感じだったけれど、貴重な連休初日だからと、いつもの映画館までGO

幸いなことにひと山越えた街にある映画館近辺は、台風とは無関係なお天気

うだるような暑さで晴れわたっておりました。


今日観た映画は『アイネクライネナハトムジーク』

アイネクライネナハトムジーク : 作品情報 - 映画.com

アイネクライネナハトムジークの作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。ベストセラー作家・伊坂幸太郎による小説を、三浦春馬と多部未華子の共演、「愛がなんだ」の今泉力哉監督のメガホンで映画...


劇場の入口でチケットを買う時、映画のタイトルが最後まで言えずに、「ア、アイネ、クラ、クラ...あのう...三浦春馬の出ている映画」と言ったけれど、バイトの女子は意地悪く「もう一度言ってください。」なんてさ。

もっとこの映画のことを下調べしておけばよかったと後悔しましたがね

[8273]peg


アイネクライネナハトムジークとは

『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』(Eine kleine Nachtmusik) ト長調 K.525は、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲したセレナードのひとつである。 Wikipedialik.png

ということらしい。

で、このタイトルの小説が映画化されたということなのだけど、主演は私の好きな三浦春馬君

どちらかと言うと映画の内容よりもキャスト目当てで観に行ったようなモノだったけれど、まぁ、この映画は特に引き込まれるようなこともない代わりに悪くもなく、うちでまったりテレビドラマを観るような感覚のほのぼのとした映画でした。

アイネクライネナハトムジークという題名は「小さな夜の曲」という意味だそうです。Wikipedialik.png

この映画の主題歌が斉藤和義の「小さな夜」ということで、これが映画のタイトルとなにげにつながるのですね

ほのぼのとした愛情あふれるこの映画の中で度々出てくる言葉に、「君の隣にいる人は、あの時、出会えてよかったと思える人ですか?」とあるのだけど、まぁ、50代にもなると、「答えは、ノーーー」なんて、イエスノークイズみたいにノーの帽子をかぶりたい人の方が多かったりしてですね(^^;)

それより何より、私なんぞは隣にいる人すらないわけでありまして( ´艸`)


ほのぼのとした純粋な心を思い出させてくれる映画でしたがね

↓いつも応援ありがとうございます<(_ _)>
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ 


にほんブログ村テーマ
ココロの断捨離
丁寧な暮らし節約ライフ


↓ポチっとお手数かけます<(_ _)>
  



こんな記事も読まれています。

▶全記事タイトル一覧


トレチノイン・ハイドロキノンカテゴリへ

★【返金保証】BIHAKUEN ハイドロキノン&トレチノインクリーム
★くすみ・しみを洗い流す「BIHAKUEN ハイドロキノンソープ」