ご訪問ありがとうございます

井上尚弥選手 WBSSバンタム級優勝 感動しました!




ボクシングファンなら、昨日は興奮して眠れなかったのでは

日本中、いや世界中が注目していた昨夜のWBSSバンタム級決勝戦

レジェンド ノニト・ドネアvs井上尚弥

トーナメントで勝ち抜いてきた世界のツワモノ同士の決勝戦ですから、いくらモンスターだともてはやされている井上尚弥でも、正直言って今回の試合はいつもの井上尚弥のような勝ち方はできないのでは?と、私は予想していたのです。

案の定、序盤から井上は目の上をカットしたり鼻血を出したりと、顔を負傷するという未だかつてない事態となり、私はテレビの前で思わず「ヤバイ」を連発していたぐらいです。

WBSSのこれまでの井上の勝ち方は早いラウンドでの決着でした。

昨日の試合で私が一番不安だったのは、早いラウンドで決着がつかず長期戦にもつれ込んだ時のことでした。

私の予感は的中

さすがレジェンド ドネアです。

そうそう簡単には倒れず、ボクシングテクニックもさすがでした。

井上の一撃にも怯えず36歳のドネアが26歳の井上に向かっていく姿には惚れ惚れしてしまい、井上を応援しているはずが、いつの間にかドネアも応援していた私です。

11ラウンドのドネアのダウンがなければ、井上の顔面負傷というマイナスの印象もあってか、ほぼ互角の試合ではなかったかと私は思いますが、結果は判定で井上尚弥の勝ち

やはり11ラウンドのドネアのダウンが決め手となったのでしょう。

これで井上は正真正銘バンタム級の世界一になったわけです。

井上 優勝-compressed
*画僧お借りしました。

井上が顔を負傷したのは初めてのことだそうですね

トレーナーであるお父さんからいつも「打たれるな」と言われていたようですが、試合後の井上の顔を見ただけでも、今回いかに苦戦したかがわかり、それでも勝利を勝ち取った井上尚弥は日本が誇れる素晴らしいボクサーです。

最近の井上はモンスターともてはやされて、ちょっと天狗になってないかと危惧していたけれど、昨日の試合後の井上は自分の実力を過小評価した感じで謙虚でした。


それと、昨日の試合で井上に渡されたトロフィーをドネアが自分の子供たちとの約束を果たすために一晩だけ井上から借りたというエピソードには、リングを降りた両者の人柄が感じられて心があったかくなりました。

【WBSS】ドネア陣営 優勝トロフィー貸してくれた井上と大橋会長に感謝(東スポWeb) - Yahoo!ニュース

7日にさいたまスーパーアリーナで行われたワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ - Yahoo!ニュース(東スポWeb)


リングを下りればドネアも井上も子供思いの普通のパパです。

ドネア-compressed

井之 子供-compressed
*画像お借りしました。

こんな日常があるからそこ、あの素晴らしい試合が見られたのでしょうね


こんな記事も読まれています。

▶全記事タイトル一覧を見る

★にほんブログ村 50代おひとりさま 
★にほんブログ村 50代の生き方
★にほんブログ村 暮らしを楽しむ
★人気ブログランキング シニアライフ
★人気ブログランキング 日記・雑談(50歳代)
★FC2ブログランキング 一人暮らし