ご訪問ありがとうございます

車を持たない暮らしを真剣に考える。




私の住む街は寒冷地の部類

北海道や東北ほど雪は降らないにしても、降る時はビックリするほど降る土地なので、まぁ中間地から寒冷地の間ぐらいといった感じですが。


11月も下旬にさしかかり、今月末にかけては暖かい日が多くなると今朝の天気予報では言っていたけれど、ここまで来ると、どの道、冬用タイヤに替えておいたほうが安心です。

たとえ雪が降らなくても、雨が降った日の翌朝に道が凍みるということもありますし

というわけで、休日の今日、タイヤ交換をしてもらおうと、アパートの倉庫にしまってあったスタッドレスタイヤを車に積んでディーラーへ赴きました。

ディーラーに着くとメカニックの男子にタイヤを積んだ車を預け、私は店内の一角でサービスのコーヒーを飲みながら作業が終わるのを待っていました。

すると、まだ2口ほどしかコーヒーを飲んでいない私のところにさっきの男子がやってきて、車に積んでいたスタッドレスタイヤの溝が擦り減っているので新しいタイヤを購入するように勧められました。

今日は出かける前から、何となくそんなことを言われるんじゃないかと予感はしていたけれど、その予感が的中したというわけです。

タイヤ4本と作業工賃で約7万円

痛い出費ですが、溝が擦り減ったタイヤで事故でも起こせば本末転倒ですから仕方ありません。

実は、今年の春にも同じ理由で夏用タイヤを買い替えたばかりで、タイヤの痛い出費が続きます。

秋には秋で、車検代諭吉20枚がヒラヒラお空へ飛んでいったばかりだというのに(-_-;)

車を持っていると、当たり前ですが維持費にお金がかかります。車の維持費

今はまだ支払い能力があるからいいとしても、定年後収入が激減したり、年金生活に突入してからも車を持ち続けるとしたら、維持費の安い軽自動車か何かに乗り換えるしかありませんが、どうも私は軽自動車に乗り換えるのに抵抗があるのは、事故をした時に車体の弱い軽自動車はくしゃくしゃにクラッシュしてしまうのが恐ろしいのです。

となれば、徒歩圏内で日常の用が済ませられる便利のいい街に移住して、車を持たない暮らしを選択した方がいいのではと真剣に考えているところです。

今、私はセカンドライフの第一歩を踏むために物件探しをチマチマとしていますが、そうなれば何も駐車場のない物件でもいいわけで、選択肢も広がるってもんです。


物件探しを始めてからもう1年以上が過ぎました。

19歳で運転免許を取ってから今まで40年間ほど持ち続けた車を、いきなり60歳で手放すことは今の時点では想像もできないことではありますが、まぁ、それも住環境次第で、なければないなりの生活もアリかなと思ってみたりもします。

車の維持費に振り回されて喰うに困るような生活を強いられるようでは、充実したセカンドライフなんて送れませんからね


夢のセカンドライフ

考えることが多すぎますが、まぁどうにかなるでしょう( ´艸`)




こんな記事も読まれています。

▶全記事タイトル一覧を見る







★にほんブログ村 50代おひとりさま 
★にほんブログ村 50代の生き方
★にほんブログ村 暮らしを楽しむ
★人気ブログランキング シニアライフ
★人気ブログランキング 日々の出来事
★FC2ブログランキング 一人暮らし