素顔のままで

不意に垣間見た終活の実態



2016/01/20
つぶやき
終活
今シーズンは雪が降らない

暖冬だ
スキー場が儲からない
と言って

雪がなければ始まらなかった人々は
この雪を見てホッとしたでしょうか
1月20日 雪 
うちのベランダから見た
今朝の景色です。

昨夜
カーテンを閉めるまで
雪は皆無だったのに

一晩明けて
この有様です。


ただ
せっかくの休日
これだけ降れば
雪かきといった大仕事が待っているわけで

実家におかずを届けに行こうと
バッグを車に乗せ

その前に
せっせせっせと
車の周辺一帯の雪をかき

いざ車に乗ろうとしたら
な・なんと
インロックされているじゃありませんか


スマートキーなのになんで?
電池の摩耗か?


そんなことをつべこべ考えながら

何度か鍵のかかったドアを
ガチャガチャ開けようとしたけれど
無駄な抵抗

びくともしてくれません。


仕方がないので
会員歴20年の間
一度も利用したことのない
JAFを呼ぼうと思ってはみたけれど

スマホはインロックされた車中で
うちの玄関も鍵がかかっていては
電話もかけられません。


やむを得ず
管理人さん宅で電話を借りて
ようやくJAFの手配をすることができました。

だけど
今日の突然の大雪のため
JAFが到着するまでは
1時間ほどかかると知らされ

その間
管理人さんの好意で
管理人さん宅で
暖を取らせていただくことになりました。


管理人さんは
70代後半で一人暮らし

数年前に
奥様に先立たれてからというもの
二人の娘さんにも
後を追うように先立たれ

今日
お話を聞いていたら
その後には
妹さんにも先立たれていたようでした。

幸いなことに
近くに住む
お孫さんや曾孫さんのおかげで
賑やかにしてもらっているようだけど

その反面
ご自身のこれからのことも
真剣に考えておられるようで

今日お宅に伺った時には

テプラで作ったと言っていた
「終末治療」などと印字されたシールが
コタツの上に数枚置いてあり

それについて訊ねてみたところ

終末医療がテーマの
テレビ番組のことから始まって

「自分の場合はこうしてほしいという意思を
 はっきりさせておかんといかん」
と言って

管理人さんは
そのシールを使って
いわゆるエンディングノートを作って
最期に備えるそうで

そんな風に
こっそり終活をしてらっしゃいました。


私はもう
何と言っていいのかわからなかったけど

今こうして
まだお元気で
ニコニコ笑って話してらっしゃるのに

いずれ管理人さんも
人生の終わりを迎えることを考えると

元気なうちに
その日のための準備をしておくことは
残酷なようで必要なことだと
管理人さんを見ていて
そう思いました。



車のインロックがきっかけで
不意に垣間見た終活の実態



50代おひとりさま
というだけならいざ知らず

一人暮らし=いずれ独居老人
となる私にとって

他人事ではない気がしてきました



 いつも応援していただきありがとうございます♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

素顔のままで - にほんブログ村

更新通知をメールで受け取る









こんな記事も読まれています



健康管理・美容カテゴリへ うちごはん・そとごはんカテゴリへ
ベランダ菜園カテゴリへ お金・節約・愛用品カテゴリへ


▶全記事タイトル一覧を見る