素顔のままで

一人暮らしに飽きてしまった時



2016/02/04
つぶやき
一人暮らし
離婚して

今の集合住宅に引っ越してきてから
ずっと娘と二人暮らしだったのが

娘が進学のために家を出て
かれこれ6年

我が家では
色んなことがあり過ぎて
もう
一人になりたいと思っていた当時

私は
ようやく気ままな一人暮らしができる喜びで
満ち溢れていました。


だけど
いざ一人暮らしが始まると

真っ暗で火の気もなく
音もしない部屋に仕事から帰った時なんかは

今までは
そこに灯りがついていて
娘がいて
テレビの音が聞こえていたのが
遠い夢か幻のように思えて

その現実を現実として
感じることができるようになるまで
しばらく時間がかかったけれど

そんな暮らしに慣れてきた頃には
二人暮らしの時の激動の日々が
まるで嘘であったかのように感じられ
すべてから解き放たれたようにも思えました。


うちを離れた当時
心配が尽きなかった娘も
今では素晴らしいパートナーや素敵な人脈に恵まれ
日々充実した暮らしをしているようで

私としては
少しばかり肩の荷が下りたような感じがしています。



実家は実家で

不意に私が訪れた時のこと

いつもは
文句ばかり言い合っている母と兄だけど

その時は
料理好きの兄が作った夕飯を

母と兄が
ぼそぼそとわけのわからないことを話しながら
時々ゲラゲラ笑い

二人で
器に入ったおかずを
箸で突っつきあったりしている

そんな光景を見た時

なんやかんや言っても
母と兄が仲良く二人で暮らしてる姿を
私は少しばかり羨ましく思いました。


そんな今の
娘の暮らしと実家の暮らしを
自分の暮らしと照らし合わせた時

ホントは
一番気楽に
一人暮らしを楽しんでいるはずの私が

一瞬
陸の孤島に取り残されてしまったような
そんな気分になってしまったのは否めず

一人暮らしというものを充分堪能し
すっかり慣れたのはいいけれど

どうやら
私は飽きてしまったのではないかと
そう思うところです。



こんな時
何かアクションを起こすおひとりさまも
いらっしゃるのではないでしょうか?


私は現状維持でしょうけど



 いつも応援していただきありがとうございます♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

素顔のままで - にほんブログ村

更新通知をメールで受け取る









こんな記事も読まれています



健康管理・美容カテゴリへ うちごはん・そとごはんカテゴリへ
ベランダ菜園カテゴリへ お金・節約・愛用品カテゴリへ


▶全記事タイトル一覧を見る