素顔のままで

定年後の暮らしを想像してみた。



2016/02/11
つぶやき
定年後
老体に鞭打って

石にしがみつくようにして
今働いているのは
定年まであと数年だから


重きも軽きも
今のしがらみからすべて解放されると
そんなに楽しみにしているけど

定年の先のことは
まったく白紙


同僚たちは
どこか水商売が似合いそうな私に

「居酒屋やってよぉ」
なんて言って 

そんな言葉を
半分本気にしてみても

今のこの世の中
商売始めても
それで食べていける保障など
どこにもなく

そんなことで
せっかくもらった退職金を

みすみすパーにするような冒険は
やっぱり夢で見ているぐらいがちょうどいい。


じゃぁ何ができる?

退職金を小出しにしながら
細々と内職をするのもいいなぁ


娘が幼い頃

私は
うちで内職をしていたことがあって

内職は
稼げる額が少なくても
人と会わない生活だし

組織に属していないから
交際費もいらない

洋服代もいらない


収入が少なくても
支出も少なくて

いまだ
銭という通貨単位が
生きていたぐらいの世界で

だから
もったいなくて
お金が使えず

結構
貯金もしていたような・・・


いやぁ
まだ先のことだと思っていた定年だけど

内職していた頃のことを思い出したら

地味な生活も
まんざら悪くないなぁ
と思ってみたり・・・


そんな定年後
あれこれ想像している私とは裏腹に

娘は今日も
固い絆で結ばれた彼氏様と仲良く安泰


まぁ
娘の幸せは私の幸せの一部で、
おかげで、
私も安心して暮らせているんですけどね



こんな日々が
定年後も長く続きますように


 いつも応援していただきありがとうございます♪
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ

素顔のままで - にほんブログ村

更新通知をメールで受け取る









こんな記事も読まれています



健康管理・美容カテゴリへ うちごはん・そとごはんカテゴリへ
ベランダ菜園カテゴリへ お金・節約・愛用品カテゴリへ


▶全記事タイトル一覧を見る